2

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

5
(日)

「プラティヤハラ・イヴェント(一柳慧作曲)」「智恵子抄」「卒都婆小町」を上演

企画公演「能役者 鵜澤久」

14:00~16:55

S席 7,000円
A席 6,000円
B席 5,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
11/12(土)正午から
初日は電話・webのみ
*友の会先行:11/3~11/6

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

能役者・鵜澤久。女流という枠にとどまらず、確かな技術と曲に対する深い洞察力で、古典作品の上演だけでなく、現代演劇に参加するなど新しい試みにも積極的に取り組み続ける姿勢は、師である観世寿夫が追及した能役者の在り方というものを大いに感じさせます。本公演では、鵜澤久の身体を通じ、能の表現とは、そして能役者とは何かを問います。

★イベントに係る感染防止対策
「感染防止策チェックリスト」.pdf
「プラティヤハラ・イヴェント」
        鵜澤久
        一噌幸弘
        藤原道山


舞囃子「智恵子抄」
智恵子     鵜澤光
光太郎     梅若紀彰
笛:      松田弘之
小鼓:     田邊恭資
大鼓:     佃良太郎
地謡:     山本順之
        清水寛二
        西村高夫
        長山桂三
        川口晃平


能「卒都婆小町」(観世流)
シテ(小野小町)鵜澤久
ワキ(僧)   森常好
ワキツレ(従僧)舘田善博
笛:      一噌庸二
小鼓:     鵜澤洋太郎
大鼓:     國川純
後見:     梅若紀彰
        清水寛二
        谷本健吾
地謡:     観世銕之丞
        観世淳夫
        西村高夫
        柴田稔
        馬野正基
        浅見慈一
        長山桂三
        安藤貴康

6
(月)

休館日

9
(木)

10:00~11:00

無料(要予約)

横浜能楽堂:045-263-3055
【予約受付】2023/1/13(金)午後2時から
電話(9:00~18:00)、WEB(Peatixのアカウント登録が必要です。)

主催:横浜能楽堂主催

内容:施設見学会

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で150年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。(個人向けの見学会です)

★イベントに係る感染防止対策
感染症防止策チェックリスト

11
(土)

未定

お稽古参加費 18歳未満6,000円 18歳以上10,000円

横浜能楽堂:045-263-3055
Web、往復はがき、ファックス、E-mailのいずれかで、氏名(ふりがな)、年代、郵便番号・住所、電話番号、E-mailアドレス(お持ちの方)を明記。応募者多数の場合は抽選。
■募集期間 11月26日(土)~12月23日(金)17:00必着

主催:横浜能楽堂主催

内容:施設見学会

能の囃子である太鼓を3日間お稽古し、本舞台で発表会を行います。約150年の歴史ある能舞台(横浜市指定有形文化財)で、太鼓を打ってみませんか。

◇日時:
お稽古/令和5年1月19日(木)、26日(木)、2月9日(木)18:30~20:00
発表会/2月11日(土)13:00~15:00(予定)
◇会場:お稽古/第二舞台 発表会/本舞台

★イベントに係る感染防止対策
感染症防止策チェックリスト
講 師:梶谷英樹(太鼓方金春流)
内 容:3日間の太鼓のお稽古と発表会
定 員:12名(応募多数の場合は抽選)

詳細はこちら

12
(日)

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」

14:00~15:35

2,200円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
2023/1/7(土)正午から
*初日は電話・webのみ
*友の会先行:セット券10/27~10/30
単独券12/22~12/25

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

毎月第2日曜日は「狂言の日」。解説付きで狂言2曲をお送りします。初めて観る方にも、狂言ファンの方にも気軽に楽しく日本の古典芸能である狂言を満喫していただける公演です。
2月は、主人の恋文を運ぶ太郎冠者と次郎冠者の姿が楽しい「文荷(ふみにない)」と、聟入りした親子が二人で一枚しか袴を持たずに慌てる様子が愉快な「二人袴(ふたりばかま)」を、出演者のお話付きでお送りします。

★イベントに係る感染防止対策
「感染防止策チェックリスト」.pdf
お話:中村修一

狂言「文荷」(和泉流)
シテ(太郎冠者):内藤連
アド(主):月崎晴夫
小アド(次郎冠者):飯田豪
後見:福田成生

狂言「二人袴」(和泉流)
シテ(聟):岡聡史
アド(親):高野和憲
小アド(舅):深田博治
小アド(太郎冠者):中村修一
後見:飯田豪
*シテが石田淡朗から変更となっております。

13
(月)

休館日

18
(土)

横浜能楽堂芸術監督による能楽入門講座

「能に登場する女性たち2」

14:00~15:30

1,000円
(事前予約制)

横浜能楽堂:045-263-3055
【申込受付】
2022/12/22(木)14:00より受付
*初日は電話・webのみ
*webでの予約はこちら

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

横浜能楽堂芸術監督 中村雅之による、初めての方にも楽しめる能楽入門講座「能に登場する女性たち」。
ご好評につき、第二弾を開催します。
今回は能の登場人物たちの「感情」に焦点をあて、能をより身近に楽しむためのポイントをお話しします。

★イベントに係る感染防止対策
感染症防止策チェックリスト
2022年11月19日(土)能楽堂芸術監督による能楽入門講座「能に登場する女性たち」参加者と40歳以下の方は500円。

講師 中村雅之(横浜能楽堂 芸術監督)

23
(木・祝)

10:00~17:00

無料

梶谷:090-4966-3016

主催:その他の主催

内容:発表会

24
(金)

14:00~15:30

無料

申込:2022/1/14(土)12:00から2/14(火)18:00まで

横浜能楽堂
TEL 045-263-3055 FAX 045-263-3031
E-mail nougaku(あっと)yaf.or.jp ←(あっと)を@に変えてご入力ください。

主催:横浜能楽堂主催

内容:施設見学会

関東地方で一番古く140年の歴史がある横浜能楽堂の本舞台や楽屋を案内します。また、能の衣装や能面を見たり、能の動きを体験したりできます。

定員:10名(介助者は1名まで参加可)
*手話通訳や舞台の触図などさまざまなサポートをご用意します。必要なサポートを教えてください。
*白足袋を持ってきてください。
*車椅子を使う人は、本舞台では車いすをおりて見学します。

25
(金)

14:00~15:30

無料

申込:2022/1/14(土)12:00から2/14(火)18:00まで

横浜能楽堂
TEL 045-263-3055 FAX 045-263-3031
E-mail nougaku(あっと)yaf.or.jp ←(あっと)を@に変えてご入力ください。

主催:横浜能楽堂主催

内容:施設見学会

関東地方で一番古く140年の歴史がある横浜能楽堂の本舞台や楽屋を案内します。また、能の衣装や能面を見たり、能の動きを体験したりできます。

定員:10名(介助者は1名まで参加可)
*手話通訳や舞台の触図などさまざまなサポートをご用意します。必要なサポートを教えてください。
*白足袋を持ってきてください。
*車椅子を使う人は、本舞台では車いすをおりて見学します。

3

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

4
(土)

横浜・紅葉ケ丘まいらん連携事業

横浜能楽堂本舞台と展示廊見学、仕舞鑑賞

10:00~16:00

無料
仕舞鑑賞は入場券が必要

横浜能楽堂:045-263-3055
【仕舞鑑賞入場券】
2023年2月24日(金)14:00より、横浜能楽堂チケット窓口で配布。
各先着300枚。
(お一人様につき、4枚まで)

主催:横浜能楽堂主催

内容:ワークショップ・教室

横浜・紅葉ケ丘の文化施設5館(神奈川県立音楽堂、神奈川県立青少年センター、神奈川県立図書館、横浜市民ギャラリー、横浜能楽堂)=まいらん5館が連携して、それぞれの魅力的なイベントを開催。スタンプラリーやクイズラリーも実施。
■本舞台(2階から)と展示廊見学
10:00~16:00 予約不要
■仕舞鑑賞
出演:梅若紀彰(観世流)他
(1)10:30~11:00 (2)15:00~15:30

6
(月)

休館日

7
(火)

14:00~16:30

8,030~6,380円
座席指定料:
1,000円

鎌倉能舞台
0467-22-5557

主催:その他の主催

内容:公演・講座

講演「能における源義経」中森貫太
狂言「附子」(和泉流)野村裕基
能「船辨慶」(観世流)中森健之介

12
(日)

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」

14:00~15:40

2,200円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
2023/2/11(土)正午から
*初日は電話・webのみ
*友の会先行:セット券10/27~10/30
単独券2/2~2/5

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

毎月第2日曜日は「狂言の日」。解説付きで狂言2曲をお送りします。初めて観る方にも、狂言ファンの方にも気軽に楽しく日本の古典芸能である狂言を満喫していただける公演です。
3月は、小川を飛び越えられない臆病者の新米の僧の姿が面白い「飛越(とびこえ)」と、新しく雇った使用人の腕前を試すために大名自らが相撲を取る「鼻取相撲(はなとりずもう)」を、京都から茂山千五郎家を迎えてお送りします。

★イベントに係る感染防止対策
「感染防止策チェックリスト」.pdf
お話:鈴木実

狂言「飛越」(大蔵流)
シテ(新発意):島田洋海
アド(檀家):網谷正美
後見:鈴木実

狂言「鼻取相撲」(大蔵流)
シテ(大名):茂山七五三
アド(太郎冠者):鈴木実
アド(新参の者):山下守之
後見:島田洋海

13
(月)

休館日

21
(火・祝)

今年で22回目!より多くの方へ能・狂言を届けたい

普及公演「バリアフリー能」

14:00~16:10

S席 4,500円
A席 4,000円
B席 3,500円
(全席指定)
※介助者は1名まで無料。

【チケット発売】
電話・WEB・FAX・メール:
   2023/1/14(土)正午より
窓口:2023/1/15(日)午前9時より
*友の会先行:2022/12/22~25

【チケット申込先】
TEL:045-263-3055
FAX:045-263-3031
E-mail:nougaku(あっと)yaf.or.jp 
(あっと)を@に変えてご入力ください。

※電話・WEB申込みが難しい場合は、FAX・メールをご利用ください。
※介助者チケット、ボディソニック席および各種サポートは、電話・FAX・メール、または窓口からお申し込みください。

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

能は、謡(うた)と舞(ダンス)と囃子(音楽)による歌舞劇です。狂言は、こっけいなセリフや所作(身振り)で表現される喜劇です。
今年の「バリアフリー能」は、狂言「首引」と、能「熊坂」です。
狂言「首引」は、旅の途中の若武者を捕まえて娘に食べさせようとする鬼と、若武者の勝負の様子が面白いお話です。能「熊坂」は、人を襲って物を盗る悪人・熊坂長範が牛若丸を攻めるけれど失敗してしまったお話を、身振り手振りを使って表現する場面が見所です。

どのような方にも日本の古典芸能である能・狂言に触れていただけるように、「介助者1名無料」「途中入退場可」「音声ガイド」「公演時字幕配信」「手話通訳」など、さまざまなサポートをご用意します。昨年に引き続き、聴覚障がいの方向けに音を振動で体感できる座席「ボディソニック」も導入します。


【関連オンラインコンテンツ】
「バリアフリー能」 (R4.3.19開催)
 公演動画を横浜能楽堂YouTubeチャンネルで配信中!
「おうちで楽しむ能楽堂」公開中!
お話:田崎甫

狂言「首引」(和泉流)
シテ(親鬼)野村萬斎
アド(鎮西八郎為朝)飯田豪
小アド(姫鬼)内藤 連
立衆(眷属)高野和憲、金澤桂舟、深田博治、中村修一、岡聡史
後見:福田成生

能「熊坂」(宝生流)
シテ(僧・熊坂長範)水上優
ワキ(旅の僧)舘田善博
アイ(所の者)石田幸雄
笛 :栗林祐輔
小鼓:住駒充彦
大鼓:佃良太郎
太鼓:林雄一郎
後見:田崎隆三  佐野弘宜
地謡:大坪喜美雄 東川光夫
   渡邊茂人  東川尚史
   内藤飛能  金森隆晋
   田崎甫   今井基

26
(日)

12:00~17:00

無料

横浜能楽堂:045-263-3055

主催:横浜能楽堂主催

内容:発表会

4

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

30
(日)

能装束研究者・山口憲が曲、演者を選定

企画公演「この人 この一曲」第1回

14:00~16:30

単独券
S席7,000円 
A席6,000円 
B席5,000円

セット券
S席19,200円 
A席16,500円 
B席13,800円

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
セット券・単独券:2023/2/11(土・祝)正午から
初日は電話・webのみ
(友の会先行:2/2~2/5)
セット券の販売はこちらから

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

今日の能は、能楽師だけでなく研究者や能作者など様々な専門家に支えられています。彼ら専門家はどのような視点で能を見て、能と関わっているのでしょうか。
本公演では、横浜能楽堂とゆかりが深い、3人の専門家に、今一番見たいと思う「演者」と「曲」を選んでもらいました。
当日は、選んだ曲を上演するとともに、選定の理由を横浜能楽堂の公演・講座でもおなじみのアナウンサー・葛西聖司がたっぷりお聞きします。

横浜能楽堂でも多くの能装束を展示してきた、能装束研究の第一人者・山口憲が選んだのは「大原御幸」。大原・寂光院を訪れた後白河法皇に、建礼門院が平家一門最期の有様を語ります。今回は、作品に最も相応しい装束を本田光洋とともに選定。シテだけでなく、その他の役にいたるまで、自身が復元した装束を使用して上演します。
「私が選んだ訳」
山口憲(能装束研究者)
聞き手:葛西聖司



能「大原御幸」(金春流)
シテ(建礼門院)本田光洋
ツレ(後白河法皇)櫻間金記
ツレ(大納言の局)山中一馬
ツレ(阿波の内侍)辻井八郎
ワキ(萬里小路中納言)福王茂十郎
ワキツレ(大臣)福王知登
ワキツレ(輿舁)喜多雅人
ワキツレ(輿舁)矢野昌平
アイ(大臣の従者)中村修一

笛:      松田弘之
小鼓:     観世新九郎
大鼓:     國川純
後見:     金春安明
        横山紳一
        本田芳樹
地謡:     髙橋忍
        山井綱雄
        金春憲和
        井上貴覚
        本田布由樹
        中村昌弘
        政木哲司
        荻野将盛

6

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

25
(日)

歌人・馬場あき子が曲、演者を選定

企画公演「この人 この一曲」第2回

14:00~16:05

単独券
S席7,000円 
A席6,000円 
B席5,000円

セット券
S席19,200円 
A席16,500円 
B席13,800円

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
セット券・単独券:2023/2/11(土・祝)正午から
初日は電話・webのみ
(友の会先行:2/2~2/5)
セット券の販売はこちらから

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

今日の能は、能楽師だけでなく研究者や能作者など様々な専門家に支えられています。彼ら専門家はどのような視点で能を見て、能と関わっているのでしょうか。
本公演では、横浜能楽堂とゆかりが深い、3人の専門家に、今一番見たいと思う「演者」と「曲」を選んでもらいました。
当日は、選んだ曲を上演するとともに、選定の理由を横浜能楽堂の公演・講座でもおなじみのアナウンサー・葛西聖司がたっぷりお聞きします。

横浜能楽堂でも様々な公演で解説・講演を行い、その明快な語り口にファンも多い歌人・馬場あき子が選んだのは「二人静」。吉野山での義経と静御前の別れを静の霊と、静の霊に憑りつかれた菜摘女、二人の静が語り舞います。当日は作品の魅力、能の魅力もたっぷりお話しいただきます。
「私が選んだ訳」
馬場あき子(歌人)
聞き手:葛西聖司



能「二人静」(喜多流)
シテ(静の霊)佐々木多門
ツレ(菜摘女)大島輝久
ワキ(勝手神社の神職)大日方寛
アイ(従者)野村拳之介

笛:      一噌隆之
小鼓:     飯田清一
大鼓:     佃良太郎
後見:     塩津哲生
        狩野了一
地謡:     出雲康雅
        長島茂
        内田成信
        金子敬一郎
        友枝真也
        塩津圭介
        佐藤寛泰
        谷友矩

7

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

16
(日)

能楽研究者・西野春雄が曲、演者を選定

企画公演「この人 この一曲」第3回

14:00~16:20

単独券
S席7,000円 
A席6,000円 
B席5,000円

セット券
S席19,200円 
A席16,500円 
B席13,800円

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
セット券・単独券:2023/2/11(土・祝)正午から
初日は電話・webのみ
(友の会先行:2/2~2/5)
セット券の販売はこちらから

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

今日の能は、能楽師だけでなく研究者や能作者など様々な専門家に支えられています。彼ら専門家はどのような視点で能を見て、能と関わっているのでしょうか。
本公演では、横浜能楽堂とゆかりが深い、3人の専門家に、今一番見たいと思う「演者」と「曲」を選んでもらいました。
当日は、選んだ曲を上演するとともに、選定の理由を横浜能楽堂の公演・講座でもおなじみのアナウンサー・葛西聖司がたっぷりお聞きします。

これまで多くの能の復曲・新作に関わり、横浜能楽堂でも「仲光」「大典」の作品演出見直しに関わってきた西野春雄が選んだのは、自身が観世流での復曲時に能本作成に携わった「松山天狗」。保元の乱で敗れ、讃岐・松山の地で崩御した崇徳上皇の霊の怒りを描いた能を、演出にさらに検討を加えて上演します。
「私が選んだ訳」
西野春雄(能楽研究者)
聞き手:葛西聖司



能「松山天狗」(観世流)
シテ(老翁・崇徳上皇の霊)片山九郎右衛門
ツレ(天狗相模坊)味方玄
ツレ(小天狗)観世淳夫

ワキ(西行法師)宝生常三
アイ(番の鳶)島田洋海

笛:      杉市和
小鼓:     田邊恭資
大鼓:     原岡一之
太鼓:     小寺真佐人
後見:     清水寛二
        大江信行
        梅田嘉宏
地謡:     観世銕之丞
        観世喜正
        古橋正邦
        分林道治
        坂真太郎
        谷本健吾
        安藤貴康
        小早川泰輝

トップにもどる