勝手に決めました、8月第1日曜日も狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」〈こども狂言堂〉

開催日

2021年8月1日(日)

時間

14:00~15:30

入場料

おとな 2,200円
こども(18歳以下)
500円
全席指定

お問合せ・
申し込み等

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
こども:5/8(土)正午から
※お子様と同伴のおとな券もご購入いただけます。
※6/12までは電話のみの取り扱いとなります。
おとな:6/12(土)正午から
※電話・来館・Webでご購入いただけますが、Webでのお申し込み受付は6/12からになります。

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

日本の古典芸能のひとつ「狂言」。「狂言ってなんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、狂言には、現代の私たちでも身に覚えのある振る舞いや、つい共感してしまう心の動きが描かれていて、いちど観てみると親しみがわく人も多いはず。
横浜能楽堂で毎月開催している人気企画の「横浜狂言堂」。夏休みは特別に、こども向けの「こども狂言堂」を開催します。
演目は、二人の大名が鶏や犬、起き上がり小法師のまねをさせられる「二人大名」と、柿を盗んだ山伏が動物のものまねで何とかごまかそうとする「柿山伏」。狂言を初めて観るこどもたちでも楽しめるように厳選した二曲を鑑賞後、人間国宝・山本東次郎が「狂言の面白さ」を楽しく分かりやすくお話します。
600年以上の長い間演じられ続け、世界遺産に登録された「狂言」の奥深い魅力を、こどももおとなも一緒にお楽しみいただける公演です。
狂言「二人大名」(大蔵流)
シテ(通りの者)山本則俊
アド(大名・甲)山本泰太郎
アド(大名・乙)山本凜太郎

狂言「柿山伏」(大蔵流)
シテ(山伏)山本則孝
アド(柿主)山本則重

お話:山本東次郎

トップにもどる