おすすめの公演・催事

2022年9月3日(土)

沖縄本土復帰50周年記念

企画公演「男の組踊 女の舞踊」第1日

「芸能の宝庫」と言われる沖縄。中でも、琉球王国時代から受け継がれて来た歌舞劇「組踊」と、変遷を遂げながら発展して来た「舞踊」は、琉球芸能の代表です。 「組踊」は、男性が演じる芸能として確立しました。一方で、「舞踊」は戦後、社会の変化と共に女性が活躍し、新しい世界を切り拓いて来ました。今年は、沖縄本土復帰50周年の節目の年。それを記念し、横浜能楽堂企画公演「男の組踊 女の舞踊」を開催します。 第1日は男性舞踊家の「組踊」、第2日は女性舞踊家の「舞踊」を上演します。昨年、初めて「琉球舞踊」で、「人間国宝」に認定された宮城幸子・志田房子を始め、第一線で活躍する舞踊家・演奏家が顔を揃えます。

2022年9月17日(土)

スマートフォン・タブレットへの字幕解説の配信あり

普及公演

初心者でも楽しめる解説付きの普及公演。狂言は、妻がほしい男が、夢のお告げにあった妻に会うため知恵を絞る「伊文字」。能は、光源氏のモデルと言われる貴公子・源融大臣の伝説を題材とした世阿弥作の名曲「融 笏ノ舞」をお送りします。 当日はスマートフォン・タブレットへの字幕解説の配信もございます(日・英二か国語)

トップにもどる