スタッフブログ

2021年11月05日 (金) 能楽関連

「横浜能楽堂芸術監督による能楽入門講座」を開催しました。

令和3年10月24日(日)に「横浜能楽堂芸術監督による能楽入門講座」を開催しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。当日の様子をご紹介します。

 

まず見所にて、横浜能楽堂芸術監督 中村雅之が「能を演じる場の変遷」というテーマで60分お話しました。南北朝時代~室町時代の仮設の舞台、桃山時代~江戸時代の能舞台、明治時代の近代の能舞台についてなどです。今回はレジメをお配りしました。お話が脱線する場面もありましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

 

アンケートには次のような感想をいただきました。

 

・能がどのように始まったかを知ることができました。テレビでしか見たことがありませんでしたが今後は公演をみたいと思います。

・本で得た知識が歴史的に説明していただいて理解できたことをさらに深まったことなど

たくさんありました。さらに能への関心が強くなりました。

・能の歴史がよくわかりました。もっもっとお伺いしたいと思いました。もっと知りたい!!と思いました。また、別のテーマでお願いします。

 

お話の後は、3グループに分かれて舞台裏、展示、2階見所を見学しました。毎月行っている施設見学でもご覧いただくコースなのですが、展示については、通常の施設見学にはない趣向をと考え、2階レストランスペースに大名家の装束図録集を展示してみました。池田家、細川家、毛利家、前田家のものです。

 

舞台裏、展示、2階見所の見学についてはアンケートでは次のような感想をいただきました。

 

・舞台裏などこのような機会がなければ見ることが出来ない所を見せていただき能楽堂を少し身近に感じることができました。ありがとうございました。

・衣装の本の厳かさに圧倒されました。このような機会がなければ拝見することはなかったと思います。

・直接目で見たり、二階席から舞台を見て感じたことなど大変貴重な体験でした。

 

ご参加いただいた皆さまには、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきありがとうございました。今回はお話がメインの催しでしたので、もっとゆっくり見学をしたいという方は、通常の施設見学日がおすすめです。今後の予定は次のとおりです。詳しくはこちらをご確認ください。

では、公演・ワークショップ・施設見学など、またのご来館を心よりお待ちしております。

 

はぜの木

2021年10月25日 (月) 能楽関連

横浜能楽堂催し物案内『橋がかり』2021年11月~12月を発行しました。

横浜能楽堂では館内で行われるイベントなどを掲載した情報紙を月一回定期発行し、他の公共施設や友の会会員様向けに送付しています。

今月号(2021年11月~12月)は11月から2月の主催公演と11月から12月に開催するワークショップ・講座の情報他を掲載しています。

 

能楽師(狂言方)が案内する横浜能楽堂見学と狂言ワークショップ「太郎冠者、あれこれ」

狂言の主要な登場人物である太郎冠者。太郎冠者は召使なのですが、その役の中にはいろいろなキャラクターがあります。歌が上手、頓智が利く、お酒が大好き、情に厚いなど、さまざまな個性があふれています。今回のワークショップでは、狂言「末広(すえひろがり)」の一部を実際にご覧いただきながら、狂言方大蔵流・山本東次郎家の山本則重と山本則秀が、太郎冠者という役柄をとおして狂言の魅力をお話しします。狂言の体験と本舞台・舞台裏見学付き。

詳しくはこちら

 

日本全国能楽キャラバン!金春円満会横浜公演

公益社団法人金春円満会主催の公演が1月29日(土)に横浜能楽堂で開催されます。

「関寺小町」は能楽最奥・老女物の秘曲。百歳の齢を重ねた小野小町が、七夕祭の稚児の舞に誘われて杖にすがり舞い始めます。歌人小野小町の人生に焦点を当て、老いの身の淡い悲しみを深く美しく描きます。今回シテを勤める本田光洋は、流儀の重鎮として能楽界を牽引し、その巧緻を極めた謡は多くの観客を魅了します。

他に、人間国宝・山本東次郎による狂言「御田」、金春流81世宗家・金春憲和による仕舞「源太夫」、舞姿の美しさに定評のある櫻間金記による仕舞「花筐クルイ」などを上演いたします。

詳しくはこちら

 

 

『橋がかり』2021年11月~12月はこちら

 

はぜの木

2021年09月26日 (日) 能楽関連

横浜能楽堂催し物案内『橋がかり』2021年10月~11月を発行しました。

横浜能楽堂では館内で行われるイベントなどを掲載した情報紙を月一回定期発行し、他の公共施設や友の会会員様向けに送付しています。

今月号(2021年10月~11月)は10月から2月の主催公演と10月から11月に開催するワークショップ・講座の情報を掲載しています。

 

10月17日(日)開催の特別公演

狂言は、「二千石」を上演。「二千石」の謡の由来を語る主人の語りが見どころの狂言です。

2018年に祖父の名跡を二代目として襲名してから初めての横浜能楽堂出演となる、

善竹彌五郎の妙技をお楽しみください。

能は「井筒」を上演。「伊勢物語」を題材に、人待つ女と呼ばれた紀有常の娘の情念を美しく描いた作品です。秋の風情が感じられる世阿弥作の名曲を宝生流二十世宗家・宝生和英が初演します。

詳しくはこちら

 

気軽に能楽!仕舞編「3日でマスター!仕舞ワークショップと発表会」

申込締切:10月15日(金)

能の一部である仕舞を3日間でお稽古し、本舞台で発表会を行います。約150年の歴史ある能舞台(横浜市指定有形文化財)に上がって仕舞を舞ってみませんか。手話通訳・英語通訳が可能です。初めての方のお申込をお待ちしております。

詳しくはこちら

 

『橋がかり』2021年10月~11月はこちら

 

はぜの木

2021年09月01日 (水) 能楽関連

横浜能楽堂催し物案内『橋がかり』2021年9月~10月を発行しました。

横浜能楽堂では館内で行われるイベントなどを掲載した情報紙を月一回定期発行し、他の公共施設や友の会会員様向けに送付しています。

今月号(2021年9月~10月)は9月から12月の主催公演と9月から11月に開催するワークショップ・講座の情報を掲載しています。

「芸術監督による能楽入門講座」と「気軽に能楽!仕舞編『3日でマスター!仕舞ワークショップと発表会』」は9月11日(土)から受付を開始します。詳しくはお知らせ欄でご確認ください。

 

『橋がかり』2021年9月~10月はこちら

 

はぜの木

2021年08月25日 (水) 能楽関連

横浜能楽堂「伝統文化一日体験オープンデー」を開催しました。

今年で3回目の「伝統文化一日体験オープンデー」を8月16日(月)に開催しました。さまざまなプログラムにのべ約370名の方にご参加いただきました。皆さま、ありがとうございました。当日の様子をご紹介します。

 

【仕舞鑑賞】

 

シテ方金春流の本田芳樹さん、本田布由樹さん、中村昌弘さんにご出演を依頼しました。お三方にそれぞれの曲を舞っていただきました。

進行表は次のとおりでした。

10:40~の回

お話 本田芳樹

仕舞「高砂」中村昌弘

仕舞「田村 キリ」本田布由樹

仕舞「羽衣 キリ」本田芳樹

13:40~の回

お話 中村昌弘

仕舞「春日龍神」中村昌弘

仕舞「六浦 キリ」本田布由樹

仕舞「鵺(ぬえ)」本田芳樹

本田芳樹さんより、各回の最初は「高砂」「春日竜神」の仕舞から始めるとインパクトがあるのではというご提案をいただき解説なしでスタートしました。アンケートでは「前説なく始まった所が良かったです。近くの子供は謡の一声目でびっくりして集中して観ていました。百聞は一見ですね」などの感想をいただきました。

出演された皆さまの今後の演能予定をお知らせします。

本田芳樹さん

9月12日(日)金春会定期能「頼政」国立能楽堂

11月20日(土)円満井会「小鍛冶 白頭」矢来能楽堂

本田布由樹さん

9月25日(土)円満井会「阿漕」矢来能楽堂

中村昌弘さん

10月3日(日)金春会定期能 「小鍛冶 白頭」国立能楽堂

 

 

【舞台裏見学】

 

仕舞鑑賞同様、お三方が交替でガイドをしてくださいました。各回を2グループに分けて、幕のある「鏡の間」からと、小さな切り戸口のある「たまり」からそれぞれスタートしました。職員によるご案内とはまた違う、能楽師ならではのお話が聞いていただけたのではないでしょうか。

 

 

【小鼓体験】

 

岡本はる奈さん(観世流)に講師をお願いしました。和楽器体験は定員が少人数であることと、体験できる機会があまりないため、いつもすぐに定員いっぱいになってしまいます。今回は、6回設けたのですが、どの回もすぐに埋まってしまう人気ぶりでした。

小鼓の持ち方、打ち方の体験をしていただきました。「良い音が出て気持ち良かった!」とおっしゃっている参加者の表情が印象的でした。アンケートでも「小鼓を鳴らせたのは本当に嬉しかったです。」という感想をいただきました。

 

 

【太鼓体験】

 

梶谷英樹さん(金春流)に講師をお願いしました。小学生以下の回と中学生以上の回に分けて募集をしました。小鼓同様、どの回もすぐに定員いっぱいになってしまいました。

撥の打ち方と掛け声の組み合わせを体験し、最後に第二舞台の上で一人づつ太鼓を打ちました。舞台上での参加者の皆さんの緊張感がすごく伝わってきました。

 

 

【科学工作】

 

神奈川県立青少年センター科学部の小池さん、三宅さん、上田さんに講師をお願いして、「バランスとんぼ」と「ペットボトル空気砲」をつくりました。

「バランスとんぼ」では重さがつりあう点の「重心」について、「ペットボトル空気砲」では空気のかたまりがボールを押し出すしくみについて、解説がありました。

夏休みの宿題のお役に立ちましたでしょうか。

 

 

【アートハットづくり】

 

横浜市民ギャラリー アトリエスタッフの大岩さんに講師をお願いし、薄葉紙を割いたり結んだりしてさまざまな形にして、オリジナル帽子をつくりました。

つくった帽子をかぶって、舞台裏見学に参加したり、親子でお帰りになる姿がとても微笑ましかったです。また、他のプログラムに参加された後に、戻ってきたお子さんがいらっしゃいました。畳の空間が気持ちよかったのかもしれませんね。

アンケートでは、「作っているうちにどんどん形が変わっておもしろかった。」という感想をいただきました。

 

 

【横浜能楽堂でkoh-labo(コーラボ) ~香りのブレンドを楽しむ~】

 

香老舗 松栄堂さんのご協力で、香りをブレンドして巾着に詰めてお持ち帰りできる体験(参加費1,650円)と、お香商品などの販売がありました。その他にも、パラフーク(空気で楽しむお香のパラシュート)で遊んだり、巨大お線香と並んで写真を撮ったりできるコーナーがありました。

オープンデーでは初めての試みで、場所が少し奥まった2階ラウンジスペースということで、参加人数が少々心配だったのですが、お客様が途絶えることがなく盛況でした。お土産として追加で商品を購入されたり、能楽堂の帰り道に松栄堂横浜店にお立ち寄りになった方もいらしたそうです。

 

 

ご参加いただいた皆さま、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきありがとうございました。緊張感がとけない日常が続いていますが、つかの間、非日常の空間で心のストレッチができるような時間をお過ごしいただけましたらとても嬉しいです。

アンケートにもご協力いただきありがとうございました。ご意見などを今後の開催の際の参考にいたします。

また、各プログラムの関係者の皆さま、準備から当日運営までご協力いただき本当にありがとうございました。この場を借りて全ての皆さまに御礼申しあげます。

 

9月以降も、さまざまなワークショップや講座が目白押しです。詳しくはお知らせをご覧くださいませ。またのご来館を心よりお待ちしております。

 

はぜの木

2021年07月14日 (水) 能楽関連

横浜能楽堂開館25周年記念「身近に親しむ能楽堂」を開催しました。

横浜能楽堂は、1996(平成8)年6月に横浜市の掃部山(かもんやま)公園内に開館。2021(令和3)年6月に25周年を迎えました。周年記念として感謝の気持ちをこめて「身近に親しむ能楽堂」を開催しました。3つのプログラムにのべ627名もの多くの方にご参加いただきました。ご来館いただきました皆さま、ありがとうございました。当日の様子をお伝えします。

 

■芸術監督のミニ講座

横浜能楽堂芸術監督の中村雅之より、能の成立前からあった翁猿楽、室町、桃山、江戸、明治の各時代の能舞台と能楽のおはなしをしました。30分という限られた時間に、凝縮した650年の能楽の長~い長~い歴史を感じていただけましたでしょうか。さらに詳しくは10月24日(日)に開催予定の「芸術監督による能楽入門講座」をご期待ください。

 

■仕舞鑑賞

梅若紀彰さん (観世流) による仕舞をご覧いただきました。地謡は川口晃平さん、内藤幸雄さん(観世流)でした。

 

 

能の一曲はいくつも小段によって構成されています。同じ「羽衣」でも13:45~の回では「羽衣 クセ」の部分を、15:00~の回では仕舞「羽衣 キリ」の部分を予定していたのですが、急遽紀彰さんのお取り計らいにより、どちらの回もクセとキリをご鑑賞いただきました。13:45~の回は、「羽衣 クセ」、「熊坂」、「羽衣 キリ」、15:00~の回では「羽衣 キリ」、「鵺(ぬえ)」、「羽衣 クセ」の順番でした。紀彰さんは曲に合わせて袴の色を替えていました。また、サプライズとして舞台上で一部装束や面をつけてご覧いただくシーンもありました。フォトセッションコーナーもあり、多くの方がスマートフォンで撮影していらっしゃいました。思い出に残る写真をお撮りいただけましたでしょうか。

 

■小鼓体験

岡本はる奈さん(観世流)に講師をお願いしました。和楽器体験ができる催しの機会はあまりないためいつも大人気です。今回も各回6名の定員にすぐ達してしまいました。ご参加いただけた方はラッキーだと思います。20分のプチ体験でしたが、これをきっかけに能楽や能楽堂に興味をもっていただけたらと思います。

 

ご参加いただいた皆さまには、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきありがとうございました。短い時間でしたが能楽堂を身近に感じてお楽しみいただけましたら嬉しいです。

 

8月16日(月)には全館を開放した「伝統文化一日文化オープンデー」を開催します。只今参加者募集中です。

詳しくはこちら

ではまたのご来館を心よりお待ちしております。

 

はぜの木

2021年07月04日 (日) 能楽関連

横浜能楽堂催し物案内『橋がかり』2021年7月~8月を発行しました。

横浜能楽堂では館内で行われるイベントなどを掲載した情報紙を月一回定期発行し、他の公共施設や友の会会員様向けに送付しています。

今月号(2021年7月~8月)は7月から10月の主催公演と8月16日の「伝統文化一日体験オープンデー[速報]」、歴史ある本舞台を独占!「いつでも本舞台でお稽古」のご案内などの情報を掲載しています。

「伝統文化一日体験オープンデー」は今年度で3回目の催し。仕舞鑑賞、和楽器体験、ものづくりなどさまざまなプログラムを館内各所で行う全館オープンデーです。申込は7月10日(土)14:00~、詳しくはお知らせ欄でご確認ください。

 

『橋がかり』2021年7月~8月はこちら

 

はぜの木

2021年05月29日 (土) 能楽関連

横浜能楽堂催し物案内『橋がかり』2021年6月~7月を発行しました。

横浜能楽堂では館内で行われるイベントなどを掲載した情報紙を月一回定期発行し、他の公共施設や友の会会員様向けに送付しています。このたび、スタッフブログにもデータ版を掲載することにしました。

今月号(2021年6月~7月)は6月から10月の主催公演と8月の「こども狂言ワークショップ~入門編~」募集案内、6月の「開館25周年記念 身近に楽しむ能楽堂」などの情報を掲載しています。ぜひご覧くださいませ。

 

『橋がかり』2021年6月~7月はこちら

 

はぜの木

2021年03月05日 (金) 能楽関連

「能楽師(太鼓方)が案内する横浜能楽堂見学と太鼓ワークショップ」を開催しました。

横浜能楽堂では平成30年度より能楽師が舞台や楽屋を案内して能楽の体験をしていただく催しを実施しています。今年度は狂言方と太鼓方によるご案内で、2月23日(火・祝)に「能楽師(太鼓方)が案内する横浜能楽堂見学と太鼓ワークショップ」を開催しました。講師は、太鼓方金春流の梶谷英樹さんです。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。当日の様子をご紹介します。

 

まず初めに、本舞台の見所で梶谷さんのデモンストレーションを鑑賞しました。
太鼓の音と掛声のみなのですが、ものすごい迫力にまず圧倒されました。

 

その後に囃子方の4種の楽器、能舞台と能の歴史についてのお話を聞きました。
囃子方のハヤスという漢字には、「栄やす/映やす」という字があるように、囃す相手を映える/映えるように囃すという意味があるそうです。太鼓は4種の楽器のリーダーで指揮者役、能の後半のメインの場面で演奏します。
横浜能楽堂の本舞台の歴史の中で、旧高松藩松平家にあった染井時代には、梶谷さんの師である22世宗家金春惣右衛門さん、23世國和さんがお住まいになっていたことがあり、梶谷さんのお祖父様、お父様もお稽古に通っていたのだそうです。梶谷さんにとっては、この舞台にはとてもご縁があり親しみを感じる、というお話が印象的でした。

 

そして、白足袋に履き替えて楽屋に移動し、焙じ室・楽屋・鏡の間を見学しました。
鏡の間では、公演が始まる際の囃子方が楽器の音色の調子を合わせる「お調べ」の座る順番や、幕を左右両方ともに上げる「本幕」で出入りすることは太鼓方はありませんが、たった一曲だけ太鼓方が本幕で戻る重い曲「朝長 殲法」のお話など、囃子方からみた能のお話を聞きました。
続いて、公演時に囃子方が舞台に出る際と同じように幕を左の片方だけ上げる「片幕」にして参加者の皆さんが本舞台へ。

 

舞台の上で太鼓方から見た舞台の説明を聞きました。例えば、シテが舞台に出てきて止まって謡い出す場所を橋がかりにある一の松にするか、本舞台の常座にするかは事前に打合せをしており、一の松はとても重要な目印となるなど、太鼓方ならではのお話もあり興味深かったです。
また、太鼓方は能の公演では本舞台中央に座ることは無いため、梶谷さんはデモンストレーションではいつもと景色が違い、緊張していました、とのことでした。

 

後半は舞台から楽屋に移動して太鼓体験です。
太鼓を打つ前に、太鼓の組み立てを見学しました。太鼓は牛の革と欅の木の胴と縦と横の調べ緒、樫の木の台から構成されます。

 

組み立ては、縦の調べ緒を手繰り寄せて解いて結んで、また手繰り寄せて解いて結んで、を何度も繰り返しきつく締め上げます。かなり締め上げたところで音を確認して、今度は横の調べ緒をきつく締め上げます。なんと力のいる作業なんでしょうか~。本当に太鼓方は道具の準備の段階から既に体力勝負です。一般には薄い革を好む方が多い中、梶谷さんは特に厚い革をきつく締め上げた音がお好きだとのこと。楽器屋さんから厚い革の入荷があると連絡が入るそうです。

 

いよいよ太鼓を打つ体験の始まりです。
小の撥、中の撥、大の撥の打ち方と掛け声の組み合わせをお稽古します。太鼓の打音と掛声を一定の順序に配列した手組を記した『金春流太鼓粒附』にある「オロシ」、「打込」などをグループで打ち、さらに一人で打ちました。

 

楽屋でのお稽古体験の後には、一人ずつ舞台に上がり太鼓を打つという緊張の瞬間です。舞台の上では頭が真っ白になりました、という参加者もいらっしゃいました。

 

アンケートでいただきましたコメントをご紹介します。
・作法や打ち方を学べて良かったし、先生もとてもステキでした。舞台でやれたのも良かったです。
・梶谷先生から直にお話を伺えて、とても分かりやすく、能が身近に感じられました。舞台に上がった時は、気持ちが舞い上がりました。
・新しい発見があり、楽しい時間でした。ありがとうございました。
・こんなに詳しく打ち方を教えていただけると思っていなかったので楽しかったです!舞台上にもあがれて貴重な経験ができました。

 

マスクを取って集合写真をパチリ。皆さま、緊張のあとの充実したいい表情です。

ご参加いただいた皆さま、コロナ禍での開催でいろいろと運営にご協力いただきありがとうございました。横浜市の文化財に指定されている本舞台を独り占めした気分はいかがでしたでしょうか。非日常の貴重な思い出にしていただけましたらとても嬉しいです。
ではまたのご来館をお待ちしております。

 

はぜの木

2020年08月29日 (土) 能楽関連

横浜能楽堂特別施設見学日「NOHGAKUDO for everyone~みんなで楽しむ能楽堂~」を開催しました。

7月31日(金)に「NOHGAKUDO for everyone~みんなで楽しむ能楽堂~」を開催しました。仕舞鑑賞、舞台裏見学、小鼓体験にのべ約140名のお客様にご参加いただきました。横浜能楽堂主催の施設見学は2月を最後に中止しており、約6か月ぶりの再開でした。事前予約制として、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策をとり、スタッフ一同、十分気を引き締めて開催しました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
当日の様子をここでご紹介いたします。

 

◆仕舞鑑賞
梅若紀彰さん(観世流)に舞を、内藤幸雄さんと土田英貴さん、山中景晶さんに謡をお願いし、2回行いました。曲は1回目は「天鼓」、2回目は「野守」です。

 

1回目の仕舞「天鼓」


2回目の仕舞「野守」

 

2回目には横浜市内にある専門学校の留学生の団体様にご参加いただきました。実は今回の催しはオリンピック・パラリンピックの開催時期に合わせて外国人にもお楽しみいただけるよう英語の通訳を準備しておりました。海外からの外国人がいらっしゃらない中、国内在住の留学生にお越しいただけて本当に嬉しかったです。通訳の河本さんにもご活躍いただきました。

 

◆舞台裏見学
通常時は20名を1グループにご案内するのですが、今回は各回の定員を10名として、さらに2グループに分けて楽屋が密にならないように配慮し、合計4回行いました。
鏡の間では、地謡の皆さんが幕を揚げ、紀彰さんが橋がかりから出る実演を披露してくださいました。プロの能楽師による揚げ幕はとても手さばきがしなやかでした。

 

その後、楽屋、焙じ室、たまりを見学していただきました。私たち職員は実に約6か月ぶりでしたが、とても楽しくガイドさせていただきました。

 

◆小鼓体験
岡本はる奈さん(観世流)に講師をお願いし、小鼓のおはなしと簡単な体験を合計6回行いました。会場が密にならないように各回定員が4名ととても少なかったため、すぐに満席になってしまいました。予約ができなかった皆さま、申し訳ありません。年内にまた別の企画を検討中ですのでそちらにご参加いただければと思います。企画が決定しましたらお知らせしますね。

 

アンケートにご協力いただきありがとうございました。いただきましたいくつかのご回答をご紹介します。
・特に小鼓体験が楽しかったです。構造がシンプルでかえって難しいです。よい音を出したいと思いました。(70代女性)
・楽屋見学はシテの先生が説明して下さったのでリアリティーがあってとても良かったです。小鼓体験は貴重な体験ができて楽しかったです。他の楽器もあれば比較が出来てなお楽しくなると思います。(50代男性)
・無料でこうした催しを拝見できて、とてもありがたく嬉しかったです。(仕舞や舞台裏)  また是非実施して頂けたらと思います。(40代女性)

開催にあたっては、「横浜市文化施設における 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に沿って十分な安全対策を講じました。ご参加の皆さまのご協力により、無事に開催ができましたことに心より感謝申しあげます。
次回の施設見学は8月29日(土)横浜能楽堂施設見学<夏の日スペシャル>です。どうぞお楽しみに~。

 

PS.
当日の紀彰さんの紋付のお着物がとても涼し気で素敵でした。奥様にお伺いしましたところ織り方は紗で、仕舞の曲に合わせて「天鼓」では浅葱色、「野守」では強さを演出するため黒をお選びになったそうです。紀彰さんのお着物は、いつも私の秘かな楽しみとなっております・・・。

 

仕舞「天鼓」では浅葱色の紗


仕舞「野守」では黒の紗

 

はぜの木

トップにもどる